Youtube動画公開!

日本人の知らない聖書の真実〜終末の時のしるし〜

このHPの内容をわかりやすく動画にしました!随時アップしていきます。 

 

第1回 現代文明の終焉

どの国でも自国を中心にものごとを考えます。日本人もそうでしょう。しかし、私達の国は、世界文明の本流から見れば、支流に過ぎません。現代文明のルーツをたどって行くと、この文明の本流が見えてきます。そこには日本人が知らなかった驚愕の事実が隠されています。この真実を知ることができない日本は、いまだ鎖国の中にあるのです。

第2回 バベルの塔の秘密

聖書に書かれていたバベルの塔の物語は、現代文明のひな形です。なぜ神は言葉の壁を作ったのか?その理由は驚くべきものです。そして、過去から現在まで現れる、人を神とする支配システムのルーツを探ります。そして、聖書が預言する、終末のバベル時代について調べます。

第3回 バビロン文明の病

現代文明のルーツは何か? なぜ現代はこんな時代になったのか?その理由を知りたければ、聖書を調べるのが一番です。現代文明のルーツ、バビロン文明を知ると、そこには恐ろしい真実が潜んでいます。私達の回りにある身近なバベル。聖書はこの文明の正体を伝えて警告して来ました。環境破壊、心病んだ世代、その原因のすべては、この文明のルーツに答えがあるのです。 

第4回 ダニエルの終末預言

有名な「パンセ」の著者パスカルは、聖書の預言を研究し、その精度の高さに驚愕しました。日本人がパンセの後半を理解できないのは、未だに聖書預言のすごさを知らないからです。旧約聖書のダニエル書には、世界の行程の預言が書かれています。ダニエルの時代から終末に至るまでの預言が、どのように過去から現在まで成就してきたかを検証しながら、終末に関する預言を調べます。

第5回 イスラエルの祝福とのろい

ユダヤ民族は聖書を書いた勤勉な民として日本でも有名ですが、聖書がユダヤ民族の運命すべてを預言していることは知られていません。その預言が現実に成就しているのを、今私たちは見ています。2000年ぶりに、世界中の国々から帰還してきたユダヤの民がイスラエルを建国しましたが、それはすべて3000年前に預言されていたことだったのです!それが祝福とのろいの契約と帰還の約束です。

 第6回 荒野の40年とカナン征服 〜神の訓練と神のさばき〜

聖書の出エジプトからカナン征服までの歴史は、実は来るべき終末のひな形となっています。そこには神の訓練とさばきの法則、そして神の沈黙に対する答えがあります。荒野の40年の意味、カナン征服の意味、それを紐解く時、そこに神の愛があるのです。

第7回 最初の離散と帰還 〜神の愛と義〜

約束の地カナンに入ったイスラエルは、次第に神を愛することを忘れ、律法の「のろい」を受けて、バビロンに捕囚されてしまいます。絶望の中でイスラエルが悔い改めると、神は約束通りイスラエルを帰還させます。モーセの律法の預言が、文字通りイスラエルに成就した歴史を追っていきます。

第8回 ダニエルの70週とキリスト到来時期 〜神の未来計画〜

預言者ダニエルは、イスラエルの70週の預言を受け取ります。それは、律法に預言されていた「モーセのような救世主」の到来時期が告げられていました。その上、そこには終末までのタイムテーブルも書かれていたのです。

第9回 罪の支配 〜人と獣〜

人間は獣と違って、なぜ善だけでなく、悪を知り、罪を犯してしまうのか…。進化論では説明できない人と獣の違いの存在。その問いに答えられるのは聖書しかありません。そして、そこには現代に生きる私たちの問題のルーツがあるのです。

 

第10回 キリスト降臨〜世界で最初のクリスマス〜

世界で使用されている西暦は、キリストの到来によって世界が全く変わったことを示しています。一体何が起こったのでしょう。「彼」が降臨したのです。クリスマスの真の意味、それはキリスト降臨を祝う礼拝です。キリスト降臨こそは、終末の「時のしるし」だったのです。

第11回 神の子羊 〜神の愛と謙遜〜

キリストは降臨しました。しかし、何のために。そこには人類に対する神の深い愛と、謙遜の姿があったのです。

第12回 キリスト宣言 〜キリストの福音〜

30才になったイエスは、キリストの働きを始めるために、バプテスマのヨハネから洗礼を受け、荒野に向かいます。その行動の意味と、キリスト宣言には大きな意味があったのです。