聖書の「時のしるし」とは何か

 「聖書」というと、神話やおとぎ話、お堅い道徳や単なる宗教本だと思っている方も多いでしょう。しかし、聖書は世界に大きな影響を与えてきました。二百年前のイギリスの大覚醒時代、百年前のアメリカなど、いわゆる「古き良き時代」はキリスト教の産物です。その要因は、その時代の人々が聖書を土台にして生きていたからです。

 日本ではほとんど知られていないのですが、当時の人々が聖書を信じた理由のひとつに、「時のしるし」が書かれた聖書「預言」の歴史的確証がありました。それは有名なパスカルの「パンセ」にも書かれています。

 

 聖書の「預言」とは、ノストラダムスのような「予言」とは全く違います。「預言」と「予言」は同じように見えて、全くの別物です。「予言」は、人間が未来を予想しますが、「預言」は、人が神の言葉を「預」かって、人々に神の計画や警告を語った言葉です。聖書預言を調べ、人類の歴史と照らし合わせてみると、聖書預言の成就の正確さに目を見張ることでしょう。本気で聖書と向き合えば、聖書をおとぎ話と笑い飛ばすことはできなくなるのです。

 聖書にはそのような現実的な「時のしるし」が数多く書かれています。それは、過去においても見られ、確実に成就しました。しかし、聖書には過去だけでなく、未来に起こる終末時代の前兆としての「時のしるし」もはっきりと書かれています。そして今、長らく意味が分からなかったその預言が、驚くほどの精度で当たっているのを見ているのです。それはあいまいな預言ではありません。この終末の「時のしるし」は、大きな苦難が起こる前に、それを回避するための人々への神の警告です。

 2000年前、イエス・キリストは、当時の人々にこう告げました。

 

 イエスは彼らに答えて言われた。「あなたがたは、夕方には、『夕焼けだから晴れる。』と言うし、『朝焼けでどんよりしているから、きょうは荒れ模様だ。』と言う。そんなによく、空模様の見分け方を知っていながら、なぜ時のしるしを見分けることができないのですか。(マタイの福音書16章1〜3節)

 

 当時の人々は、「時のしるし」の預言を知りながら、実際にそれを見分けることができずに滅んだのです。(その時の預言の成就については時のしるし2 イスラエル復興の事実を御覧ください)

 

 2500年前の預言者ダニエルは、終末時代の「時のしるし」の預言を与えられた人でしたが、その預言の意味を全く理解できませんでした。その時、その預言を伝えた神の使いは彼にこう言いました。

 

ダニエルよ。あなたは終わりの時まで、このことばを秘めておき、この書を封じておけ。多くの者は知識を増そうと探り回ろう。」 (ダニエル12章3〜4節)

 

 聖書預言は、自分で探り回らない限り分からないのです。そして今、終末預言が実際に世界で成就しているのを見られるようになりました。それを調べると、その驚くべき精度に驚くでしょう。

 

 なぜ神は「時のしるし」を知らせようとしているのでしょう? 終末の「時のしるし」は、一見「悪い知らせ」のように思えるかもしれません。しかし、聖書の目的は、その悪い知らせを完全にくつがえす、「福音(良き知らせ)」を伝えることなのです。神はこの福音を知らせ、人々を救おうとして、さまざまな「時のしるし」という完璧な証拠を示して、神の元へ戻るよう説得しているのです。それは人に真の幸せを与えたいと願っているからです。

 

 では、「時のしるし」とは、一体どのようなものでしょうか。いくつかの「時のしるし」をカテゴリー別にまとめてみました。

 まず過去の「時のしるし」が、みごとに実際に成就してきた歴史と、現在見られる時のしるしと、未来の終末時代の「時のしるし」を解説していきたいと思います。

 さらに、キリストの十字架の福音の意味、人の死後の運命についてもご説明します。どうぞご自分で心ゆくまで調べ、検証してみてください。

 

時のしるし1 現代文明の正体 →現代文明のルーツとその真の姿について

時のしるし2 イスラエル復興の事実 →ユダヤ民族の預言とその歴史的成就について

時のしるし3 中東情勢と聖書預言 →現在の世界情勢と聖書預言について

時のしるし4 様々な前兆と未来のしるし →現在見られる様々な「時のしるし」と来たるべき大患難時代について

時のしるし5 キリストの十字架 →「キリスト」とは何か、キリストの十字架の意味とは、福音とは何かについて

時のしるし6 最後の審判 →名画のモチーフにもよくある「最後の審判」の意味とは

 

⬜︎こちらは信仰をお持ちの方向けです

人生の荒野→出エジプトからヨシュア記までの人生のひな形について

今を生きる希望 →キリストを信じる者たちが今の時代を生きる希望について

本当の信仰者とは →真の信仰者とは、どういう人かについて

 

2011年を過ぎた頃から、「時のしるし」が実際に現実化して来ました。あと何年残っているのか分かりませんが、

あなたがこの「時のしるし」を見分け、神の愛の福音を受け取ることができますよう、お祈りしています。 

 

 

神は、実に、そのひとり子をお与えになったほどに、世を愛された。

それは御子を信じる者が、ひとりとして滅びることなく、

永遠のいのちを持つためである。

(ヨハネによる福音書3章16節)

 

2018.9.11更新

 

News! 

現在、Youtube動画制作中!

日本人の知らない聖書の世界

〜終末の時のしるしを探し求めて〜

日本人にはまったく知られていない聖書の姿を明らかにする動画です。

公開したらお知らせいたします。

 

ahaha

Mission Emet

ご意見・ご質問はこちらまで→mission.emet@gmail.com

私は聖書信仰に立つ、プロテスタントのクリスチャンです。

⚫︎エホバの証人、ものみの塔、モルモン教、統一教会とは関係ありません。 

⚫︎このホームページの文章をコピーし、内容を書き替えて使用することを禁じます。